OLJについて

DSC_5306.jpg DSC_5306.jpg

ワンライフジャパンとは?top

「ワンライフ」とは、

  • 自分の命が一度きりだと意識して生きること。
  • すべての命はかけがえのない尊いものだと理解すること。
  • あなたと私、地球、そしてすべての命はつながっていることを意識し、このつながりを守り生かすために行動すること。

ワンライフジャパンは、私たちの生き方そのものです

発起人であるケビンと友絵は、もともと東京で暮らすサラリーマンでした。 毎日満員電車に乗って通勤、会社のために汗水流して仕事をする。時間がないから外食し、深夜に帰宅。 週末も睡眠不足の解消と家事や仕事の準備であっという間に終わってゆく。 休暇も仕事の合間を縫うようにして取り、時間を気にしながら駆け足での旅行。 仕事の内容は信念から遠く、自己弁護をくりかえし、そこからくる罪悪感をまたもっともらしい理由で正当化する日々――

大きなシステムの中の歯車として生きることで一定の保証と社会的評価を得ることはできる。 でもそのために自分の情熱や信念を犠牲にしてしまっていいのだろうか? 一度きりしかない人生の最期に、自分に対して言い訳をすることなく自分の生き方に誇りを感じることができるだろうか? そんな疑問が日増しに強くなっていきました。

一度きりの人生、本当にやりたいことをして生きても、妥協して生きてもそれでおしまい。だったら本当に情熱を感じることを追求する生き方を選びたい―― 自分の人生の「主役」となる決断でした。 周囲からは賛否両論ありましたし、恐怖心もありました。 でもひとつ確かなことは、信念や情熱を貫いての結果であれば、失敗であっても受け入れられる、ということです。 自分で決める自由と、結果への責任。 この重みは計り知れないものであることは確かですが、それが大きな励みとなることを実感しています。


ワンライフジャパンの目指すものtop

ワンライフジャパンのプログラムでは、参加者はいわゆる「お客様」ではありません。 参加者の皆さんは、年齢、性別、学歴や国籍は関係なく、一人の人間として向き合い、新しい出会いから生まれる気づきや発見、その共有を通じてお互いに学びあう「パートナー」として位置づけています。 どのプログラムも二つと同じものはなく、私たちワンライフジャパンとパートナーの皆さんがともに築き上げてゆく、世界に一つしかないプロジェクトなのです。

ワンライフジャパンのプログラムは、

  • 地域に固有の自然環境、文化、歴史などの地域遺産をフィールドに活動します。
  • 参加者の好奇心・感性・知性に挑戦する実体験の機会を提供します。
  • 机上のレクチャーではなく、直接体験から生まれる自発的な学びをうながす活動を提供します。
  • 参加者同士、参加者と地域コミュニティがそれぞれの経験を共有し、交流する機会を提供します。
  • そしてなによりも、参加者、ワンライフジャパン、地域の人たちが「楽しい!」「元気が出る」「出会えてよかった」と感じられることを大切にします。

DSC_5306.jpg


スタッフ紹介top

ケビン・キャメロン

DSC_5306.jpg

アメリカ・ミシガン州出身。生来の冒険心にみちびかれ、シーカヤック、ラフティング、セーリング、ダイビング、登山、自転車など世界各地でアウトドアースポーツに親しみ、指導員としての経験を積む。

1995年に四国の小さな海沿いの町に交換留学生として来日してからは、日本を主なフィールドとして活動。大学では日本語・日本文学を専攻し、スウェーデンの大学院では持続可能な世界のためのビジネス戦略を研究。 現在は、故郷ミシガンのように豊かな自然に囲まれた長野県栄村で妻・友絵と3羽のオカメインコたちと暮らす。

川渕 友絵(かわふちともえ)

DSC_5306.jpg

伝統食文化を切り口に、食・農業・自然・文化の複雑なつながりと人々が培ってきた知恵を明らかにすることをライフワークとして実践中。

大学・大学院で環境学とビジネスを学んだ後、多国籍企業などで財務管理、人材育成、LOHAS消費者動向調査、新規事業開発、会議通訳を担当。海外での留学・駐在経験を持ち、国際的な視点から日本を紹介することを得意とする。現在は、長野県栄村で夫・ケビンとともに自家用菜園を耕しながら、体験学習プログラム作りと地域おこしのための事業開発に打ち込む毎日。