茅葺き屋根

古民家保存を応援するボランティア2008

時期: 2008年11月7日(金)~9日(日)の間の可能な時間

Traditional Japanese Home

北信の秘境といわれる秋山郷で、築220年をこえる保存民家の茅葺き屋根の大改修が行われます。屋根材を準備する「茅刈り」に協力してくださる方を大募集中!

晩秋の凛とした空気のなかでさわやかな汗を流したあとは、ゆったりと温泉で疲れを癒し、郷土料理を楽しみませんか!



概 要 top

Sakae Mura, Northern Nagano

地域の誇りである文化財保存を応援

今回は、秋山郷保存民家の茅葺き屋根の改修に必要な材料「茅(かや)」と「根曲がり竹」の刈取りを地域の皆さんと一緒に行います。これまでも秋山郷保存民家が位置する集落・小赤沢地区にある地域活性化クラブの皆さんが継続的に茅の刈取りを行ってきましたが、高齢化と人手不足のため材料の確保に苦労しています。秋山郷の昔の暮らしぶりを伝える貴重な文化財の保存を応援しながら、地元の方との交流、温泉、郷土料理を楽しんじゃおう!という企画です。茅の刈取りの応援をしてくれる方には、民宿に無料で宿泊することができます。

茅刈りの晩秋は「静」、屋根葺き替えの新緑は「動」

刈取りを終えた茅は直径30cmの束にまとめられ、冬のあいだ乾燥し保存されます。今年の刈取りで十分な量を集めることができれば、来春には数少なくなった茅葺き職人さんを新潟県から招いて本格的な屋根の葺き替えが行われます。屋根の葺き替えの際にもボランティアを募集予定です。両シーズンを経験することで、秋山郷の自然がくりひろげるダイナミックな躍動を経験することができるでしょう。

もっと秋山郷と栄村を楽しむオプション

お時間のある方にはオプションプログラムとして、栄村を探訪するマウンテンバイク・ライドも企画しています。例えば、北は日本海から、南は苗場山、妙高山など名山を眺望する山頂から①約1時間の長距離ダウンヒルライド、日本唯一のロングトレイル「信越トレイル」でのトレッキングなど、大自然との一体感を満喫できるお勧めコースをご用意いたします!

Traditional Japanese Home

秋山郷保存民家について

築220年を超える秋山郷の典型的な民家である福原家の家屋を村が保存・公開している古民家です。合掌造りの流れをくむ中門(ちゅうもん)造りという雪国の造りになっており、茅葺き屋根や大きな柱をはじめ、囲炉裏や土間、民具や農具なども数多く展示され、昔の暮らしぶりを伝える貴重な資料となっています。内部では『秋山記行』、『北越雪譜』の著者で江戸時代の文人・鈴木牧之(すずきぼくし)が訪れた当時の地図や、秋山郷を襲った飢饉の歴史を紹介。保存民家から50mほどのところには、民俗資料館と観光案内所を兼ねた秋山郷総合センター「とねんぼ」があり、焼畑農業の資料や現在も健在なマタギの暮らしぶりを紹介しています。また秋山郷にあった200年前の民家の一室を再現したコーナーもあり、保存民家とともに往時の生活の様子をより知ることができます。

 

Traditional Japanese House

日 程top

11月7日(金)

13:00 各自昼食をすませ、小赤沢集落にある秋山郷総合センター「とねんぼ」集合。茅の刈取りを行う牧場へと移動します。

16:30 午後の作業で一汗かいた後は、宿泊先の民宿へと移動。温泉に入ってくつろぎ夕食をいただきます。参加者は協力してくださる地元の数件の民宿にわかれて泊まります。

 

11月8日(土)

8日から参加の場合、集合場所はカヤを刈る現地・鳥甲牧場(とりかぶとぼくじょう・五宝木地区)です。現地集合が困難な場合は、ご相談ください。

9:00 各民宿で朝食を済ませたあとは、すがすがしい高原の朝の空気のなかで刈取りを行います。体を動かしたあとは、みんなでピクニックランチ。腹ごしらえが終わったら、いっきに午後の作業を進めましょう!

16:30 体をじんわり満たす心地よい疲労と大きな達成感をかんじながら、宿泊先の民宿へと移動。温泉に入ってくつろぎ夕食をいただきます。温泉が骨身にしみること間違いなし!

 

11月9日(日)

朝食後、自由解散。

この日は、栄村秋山地区(秋山郷のこと)の文化祭の日でもあります。地域の子どもたちの発表や手工芸の展示など、秋山郷に暮らすみなさんの日々の暮らしの様子をみることができます。

時間に余裕のある方は、足を伸ばして切明地区にある有名な手掘り温泉(河原に湧き出る温泉)に行ったり、秋山郷に数ある温泉をめぐるのもおすすめです。

また、秋山郷から下った集落にある長野県指定文化財の茅葺き民家・阿部家を訪れるオプションもご用意いたします。現在もおばあちゃんが実際に暮らしていらっしゃる古民家です。雪国の生活や古民家について気さくなおばあちゃんと茶飲み話に花を咲かせるのはいかがですか。

さらに時間があるという方は、オプションプログラム(有料)に参加し私たちワンライフジャパンと一緒に栄村を探訪してみませんか。マウンテンバイクで11キロにわたるダウンヒルをいっきに下るアウトドア派も、サイクリングで晩秋の村をめぐったり散歩を楽しみ好きなスポットでゆっくり夕日を眺めたりするゆっくり派も、ご満足いただけるでしょう。おなかがすいたら地元産そば粉100%の手打ち蕎麦で腹ごしらえ!温泉好きの方は栄村に温泉巡りも最高です。ぜひご相談ください。

 

※雨天の場合

茅が濡れると使い物にならなくなってしまうため中止となります。中止の判断は週間天気予報に基づいて数日前までに参加者にご連絡いたします。

Traditional Japanese House

参加費用 top

ボランティアのみ参加: 1,000円

  含まれるもの:民宿宿泊(1泊または2泊)、傷害保険料。

9日(日)午前のオプションプログラム: 5,000円

  • 朝食後、秋山郷総合センター「とねんぼ」集合(9:00)
  • 民族資料館の見学・解説
  • 信州秋山郷文化祭をのぞいてみよう!
  • 険しい鳥甲山を見ながらの露天風呂 or 集落をつなぐ古道の散策
  • 伝統木工品の工房訪問
  • 道の駅・信越さかえで昼食&お買いもの(昼食は各自)
  • 日本最高積雪記録柱の見学
  • JR森宮野原駅にて解散(越後湯沢行きバス14:30発)

  含まれるもの:民宿宿泊(1泊または2泊)、傷害保険料、ガイド料。

9日(日)全日のオプションプログラム: 8,000円

  • 朝食後、秋山郷総合センター「とねんぼ」集合(9:00)
  • 民族資料館の見学・解説
  • 信州秋山郷文化祭をのぞいてみよう!
  • 険しい鳥甲山を見ながらの露天風呂 or 集落をつなぐ古道の散策
  • 伝統木工品の工房訪問
  • 道の駅・信越さかえで昼食&お買いもの(昼食は各自)
  • 日本最高積雪記録柱の見学
  • マウンテンバイクでダウンヒルをいっきに駆けおりよう!
  • さっぱり汗を流したい方は…かけ流しの名湯・宮野原温泉へ(入湯料は各自)
  • JR森宮野原駅にて解散(越後湯沢行きバス17:30発)

  含まれるもの:民宿宿泊(1泊または2泊)、傷害保険料、ガイド料、自転車レンタル料

秋山郷への交通 top

集合・解散は、秋山郷の小赤沢地区となります。

●お車の場合

東京から関越自動車道で塩沢石内I.C。国道353号を経由して117号で津南へ出て、秋山郷へは405号で一直線。 小赤沢集落に入ると左手にみえるログハウス風建物が秋山郷総合センター「とねんぼ」です。

詳細はこちらをご参照ください。

●電車の場合

最寄駅はJR津南駅(新潟県)です。

東京方面からお越しの場合、上越新幹線の越後湯沢駅を利用するのが便利です。秋山郷行きのバスは本数が少なく、集合時間に間に合うのは津南役場発11:23のみとなります。電車の到着時刻がバスに間に合わない場合は送迎も可能ですのでお知らせください(実費)。

<東京方面からお越しの場合>

     
東京駅 発 07:48 (上越新幹線Maxとき307号新潟行き) 5980円
越後湯沢駅 着 09:05
越後湯沢発 09:30 (南越後観光バス<急行バス>湯沢・森宮野原駅線) 750円
津南役場前 着 10:17
津南役場前 発 11:23 (南越後観光バス<路線バス>津南・秋山郷線) 600円
小赤沢 着 12:21
※連絡先:南越後観光バス津南営業所 TEL025-765-3647 

<長野方面からお越しの場合>

長野駅 発 10:02 (JR信越本線・飯山線(普通)越後川口行き) 1280円
津南駅 着 11:57
  ※津南駅から送迎しますので、お知らせください(実費)。

申し込み・問い合わせ top

申し込み方法

参加者全員の必要事項(名前、住所、電話、生年月日、交通手段、持病・食物アレルギーなど特記事項)を、メールまたは電話で下記までご連絡ください。

申込み先 :ワンライフジャパン   389-2703 長野県下水内郡栄村大字堺3327

      E−メール tomoe@onelifejapan.com

      担当:川渕友絵(問合せ先:080-6520-1338)

Sakae Mura